第1位 EasyPOS

  • EasyPOSのシステムは仕事が楽になります

  • POSレジをレンタルで手軽に導入したいなら

  • EasyPOSのとても使いやすいパッケージ

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

EasyPOSに対するみんなの口コミ

アパレル関係の仕事をしていまして、その仕事でEasyPOSを使っています。ポイントカードシステムや在庫管理が標準装備され...
EasyPOSの最大の魅力はその迅速さです。最短3日での導入が可能で、急いでいる方にはぴったりです。また飲食店向け、アパ...
EasyPOSでレンタルしたPOSレジシステムは、それまでの業務の無駄をすべて省いてくれました。EasyPOSは、多くの...

導入の早さとサポート体制ならどこにも負けない

EasyPOSではレンタルでPOSレジを業界最速の最短3日で簡単に導入できます。導入実績は3000台突破していて、全国どこでもサポートしてくれるので安心です。

第2位 POS+

  • シンプルで簡単なレジ管理システムならPOS+がおすすめです。

  • 海外でも運用可能なPOSレジならPOS+がおすすめです。

  • ハイスタンダードクラウド型POSシステムならPOS+。

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

POS+に対するみんなの口コミ

POS+を導入することで、負担になっていたお店の売り上げや顧客数の管理を大幅に簡略化することができます。人の出入りが多い...
POS+は、時間や曜日や週別で売上をリアルタイムで自動集計して、売上アップのためのヒントを提供します。POS+ beau...
POS+のシステムは、ネットワークが切断されても、オーダーや売上は消されず保持され、迅速なデータ復旧、業務再開が可能です...

POSレジに消耗している方必見。

非常に多くの選択肢があるPOSレジです。そのなかでも、ハイスタンダードクラウド型POS+は、管理が簡単でおすすめです。

第3位 EC-OrangePOS

  • EC-OrangePOSのPOSレジシステムの人気

  • EC-OrangePOSの操作はとても安心

  • EC-OrangePOSのサポートは365日

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

EC-OrangePOSに対するみんなの口コミ

POSレジシステムの導入には、通常は非常に高額なお金がかかります。しかしEC-OrangePOSは、その費用が激安でした...
EC-OrangePOSは、タブレット端末でPOSレジ管理が可能なので、複雑な操作も必要なく簡単にPOSレジ管理ができる...
EC-OrangePOSは、それまで面倒だったPOSレジ管理をすべて変えてくれました。多店舗展開に強いので、他の店舗との...

多店舗営業でも使いやすいPOSレジ

EC-OrangePOSはPOSレジ販売会社です。このPOSレジはさまざまな業種の店舗に利用されていて、チェーン店展開をしているお店にも使いやすいシステムになっています。

第4位 はんじょうPOSレジ

効果 価格・保証
満足度 規模・実績
口コミ

飲食店のために便利な機能が満載です

はんじょうPOSレジはお客様を満足させる様々な機能があります。またスタッフに不正をさせない機能もありますので安心することが出来ます。

第5位 Square

効果 価格・保証
満足度 規模・実績
口コミ

面倒なレジやPOS管理にお悩みの方必見。

経営者にとって面倒なPOSレジの導入ですが、iPadで簡単に管理ができるSquareがおすすめです。

業種別のPOSの使い方

thumbnail01コンピュータの性能が瞬く間に進歩していく現代において、人間の行動を分析し、商売に役立てることが当たり前になっています。この流れに乗り遅れてしまわないよう、当サイトでは業種別POSシステムの違いとそのわあ借りやすい比較、そしてそれぞれのシステムの使い方を紹介しています。

POSシステムとは、お店のレジなどに導入されているシステムです。このシステムを導入することで、「いつ・どの商品が・どのくらい売れたのか」というデータを収集し、経営管理に役立てることができます。具体的に言うと、レジで売れたものや時間、量などをデータ化し、分析することで、次の入荷に向けた準備の効率化を図ることができます。

なぜ業種ごとにPOSシステムが違うのかというと、取り扱う商品の特徴が大きく異なるからです。その例としてお惣菜店と洋服屋さんでは食品と洋服といった大きな違いがあります。その上、お惣菜店では量り売りという販売方法もあり、それに見合ったレジシステムがあります。洋服屋さんで量り売りのレジのシステムが必要ないのは当然であり、商品に見合ったレジシステムを使用することがとても大切になります。 これから新しくお店を開こうと検討しているあなたにぴったりのシステムが見つかるとうれしいです。

POSレジで在庫管理

thumbnail02POSレジで在庫管理をする事ができれば仕事の効率を非常に良くする事ができます。使っていなくても在庫がどれくらいあるのか商品を見れば把握する事ができると考えている方もいます。しかし商品の数が多い場合は、1つ1つ確認をすると時間が非常にかかってしまいます。

これでは在庫を把握するまでに数時間かかってしまう事になります。在庫管理をする事ができれば発注をする際に非常に便利になります。なにがどれくらい売れたのかを把握する事ができるので、短時間で発注を済ませる事ができます。これは商品の数があまり多くなくても得る事ができるメリットの1つだと言えるでしょう。しかし注意をしなくてはならない部分もあります。それは万引きなどにあっている場合になります。POSレジ上では商品が1となっているのに、実際は1つもなかったと言う場合もあります。これは万引きをされてしまっているか、販売をする際に別の商品と間違えて販売をしてしまった事になります。商品を見なくても在庫の数を知る事ができると安心をしていると、あるはずの商品が無い事もあるので定期的に在庫の数と商品の数を照らし合わせなくてはならないと覚えておくようにしましょう。

非常に多くの企業が導入をしているシステムでもあります。システムを導入する際に多少費用はかかってしまいますが、仕事を効率良く進めるために大事なシステムになるので、導入をする事を検討してみると良いでしょう。

増えるPOSの種類

thumbnail03POSシステムとは、ポスレジなどと呼ばれる通り、簡単に言えばレジの事です。しかし単なる計算をする計算機のようなものではなく、売上を単商品の単位で集計し、その集計結果に基づいて売上げや在庫を管理したり分析を行ったりするシステムです。最近ではタブレットやスマートデバイスなどを利用して、簡単に大幅にコストダウンした形で導入する事もできるようになり種類も増えました。今後も更にあらゆる業種での導入が増えることが期待されています。

種類としては、ターミナル型のポスシステムがまず挙げられます。は様々な改良が加わって、現在では自動つり銭機や電子マネー機能などが付属しているようなハイテクの機器としてご存知の方も多いタイプです。もう一つはタブレット・スマートデバイス型のポスシステムです。インストールしたり、ASP型など、とにかく安価なスタートができる事が大きな特徴になっています。 最近では導入コストが0円のものもあるなど、安価さがさらに進んでいて魅力があります。

飲食店や小売店を訪れると、タブレット型のPOSを良く見かけるようになりました。世界規模でもタブレットPOS導入の勢いは加速している現状です。検討する際にはトータルのコストと、サポート体制など全体で俯瞰して決定することをオススメします。

失敗したくないポスの選び方

thumbnail04飲食店や小売店等で多く利用されている、精算時に会計処理を行うレジには、大きく分けて2種類あります。1つは昔からずっと利用されているレジスターです。もう一つは、POSレジと呼ばれているタイプのレジです。最近では導入コストの低減や、消費税の増税があった際にも簡単にバージョンアップが可能で利用可能なポスレジが注目されて導入されている店舗が増えています。失敗しない選び方を学んで是非導入を検討してみましょう。

自社業務に適したシステムを選ぶことが重要ですが、そのためには、導入目的を明確にして、どのような課題を解決するのかを整理しておく必要があります。現場での使い勝手が悪い割に、ランニングコストがかかりすぎてしまう失敗をしないように、自社の業務に対して、どのような機能が必要なのか、よく考える必要があるでしょう。また、業務特化型のシステムを選ぶことも一つの手でしょう。

またPOSシステムを導入することで、新たにサーバやネットワーク機器、その他POSハードウェアなど様々な機器が導入されるとともに、そのソフトウェアが安定的に動いているのか監視する必要性も生じるでしょう。現場では顧客と対面し、POSレジを使うことが日常業務になります。そのため、スタッフがPOSレジをスムーズに使いこなせることは、顧客満足度向上を考える上でも重要です。現場の人が迷わず簡単に操作できるようなシステムを選ぶことが重要です。

▲ ページトップへ