進化するPOS
2016.12.20

subimg01進化するPOSで現状の改善を行いましょう。いまだにキャッシュレジスターでの営業を行なう店舗も多いです。手入力による売上管理ですと、ミスも多いですし、リアルタイムでの営業データの収集も難しいのが実情です。システム化を行なうことで、売上予測も立てやすく、経営の無駄が無くなっていきます。適正在庫を維持する意味合いもありますし、無駄な人員配置をなくす意味合いもあります。POSの必要性を感じていても、実際に導入となると、初期導入コストや、ランニングコストで躊躇する方も多いのが実情です。最近は、レンタルでの導入も普及してきて、どのような店舗でも気軽に導入が出来るようになっています。将来的な意味合いでも、早期の自動化は必要になってきます。

クラウド化の進展により、ポスもタブレット等で、どこでも入力や参照が出来るように進化しています。店員が気軽に携帯をすることが出来、倉庫にいっても、店舗内でも同様の操作が出来るようになっています。また、在庫管理システムや会計との連携もでき、売上の多角的な分析を行えるようになっています。導入コストも少なく、簡単に店舗の経営状況の改善が実施が出来るようになっています。既に、他店舗展開している方も、これから全国展開等を考えている方も、早期に自動化を実現させておけば、確実に将来が見えてくるようになるはずです。いままで、ポスの必要性は感じていても、コスト面で躊躇していた店舗経営者の方も、最近は、レンタルでの導入もありますから、都合にあわせて自由に導入をすることが出来るようになっています。人員の適正配置や、適正在庫を保つためにも、ポスの導入を実施しましょう。

ポスを導入することで、リアルタイムに売上状況の把握が出来るようになります。売れ筋の商品を迅速に把握することが出来るようになるので、仕入れの指示も的確に出来るようになり、無駄な人員配置を防ぐことが出来るようにもなります。日次の締め処理が簡略化するだけではなく、月末処理の時間が短くなるなど、様々なメリットを得ることが可能となっていきます。導入コストも少なく済、確実な経営改善を施すためにも、早期に自動化を行い、将来へのインフラ作りを実施していきましょう。売上に悩んでいる場合には、ポスを導入するだけで、どこに問題があるかを、瞬時に把握することが出来るようになりますので、経営上の問題を早期に発見でき、改善を施すことが可能となります。

▲ ページトップへ